戻る
食材 -  ケチャップ
header
ケチャップの画像
説明
 野菜などの材料をピューレー状にして調味したソースのことで、日本ではトマトケチャップを指します。ケチャップの語源は中国福建語の「Kechiap=鮭汁」といわれています。鮭汁は小魚に塩を加えて発酵させた魚醤のようなソースのことで、マレー半島からヨーロッパに伝わり、ケチャップとなりました。トマトケチャップはその後アメリカで誕生し、日本でトマトケチャップがつくられたのは明治41年です。

footer

成分
脂質は含まれず炭水化物を含有。ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル類と、カロテン、ビタミンE、K、B1、Cなどのビタミン類を含んでいる。食物センイも含まれている。
footer
効能
カロテンが目に栄養を与え、皮膚や粘膜を丈夫にする。また、ビタミンE、Cともには抗酸化力があり、細胞の酸化を防いで老化を予防し、風邪や肌荒れを予防する。ミネラル類が体調を整え、食物センイが腸の働きを高める。
footer


header
  • 脂質をプラスして調理すると、栄養バランスが高まり、カロテン吸収率も上がる。
  • たんぱく質を含んだ食材と一緒に取ると、エネルギーが取れ、力がつく。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ