戻る
食材 -  べにばないんげんまめ(紅花隠元豆) 別名:花豆
header
べにばないんげんまめ(紅花隠元豆) 別名:花豆の画像
説明
 原産地は中央アメリカから南アメリカの高原地帯。花が赤いために「紅花いんげん」と呼ばれ、いんげん豆と遠い親戚関係にあり、日本には江戸時代末期に伝来したといわれています。最初は鑑賞用として栽培されたため「花豆」とも呼ばれ、結実が10%と花落ちが多く収穫の少ない大粒な豆です。国内主産地は北海道で、長野県、群馬県が続きます。
●紫花豆:おもに長野県で栽培。
●白花豆:おもに北海道で栽培。


footer

成分
主成分は糖質とたんぱく質。食物センイ、カルシウムが多い。ビタミンB1を含む。
footer
効能
食物センイが糖質の吸収を緩慢にし血糖値がゆっくり上昇するので、インスリンの省力化に役立ち糖尿病の改善に役立つ。また、悪玉コレステロールを排出するので、がん予防にも有効。カルシウムが骨粗鬆症を予防する。良質なたんぱく質なので滋養強壮に向く。
footer


header
  • 煮ると種皮がやわらかくなるので、煮豆に適している。
  • ビタミンB1の吸収をよくする含硫化合物と一緒に料理するとよい。
  • 米と豆を9対1くらいの割合で食べると、双方に足りないアミノ酸が補われ、すべての必須アミノ酸を取ることができる。
  • 皮がやわらかいので水分が蒸発しやすいので、収穫された翌年の梅雨時までに食べきるとよい。反対に取れたての豆は、含まれる水分の量にバラツキがあり、煮た時にムラが出るので、取れてから2カ月ほど経過してから調理に使うとよい。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ