戻る
食材 -  とりにく(鶏肉)
header
とりにく(鶏肉)の画像
説明
 にわとりはもともと野生の鳥でしたが、今では家禽(かきん)の代表といえましょう。人間が農耕生活を送るようになった約5000年前から一緒に暮らすようになり、鳴き声で時を知らせたり、闘鶏の結果で吉凶が占われていました。昭和30年代から食肉用としての養鶏が盛んになり、用途別に改良が進められました。食肉用若鶏のブロイラーに対し、日本在来の品種は地鶏といわれ区別されています。
●部位別
手羽:手羽元、手羽中、手羽先に分けられる。手羽先はとくにゼラチン質を含んでおり、美肌効果が高い。煮物や揚げ物に向く。
むね:胸部の部分の肉をいう。もも肉よりも白っぽく脂肪が少なく淡白。ビタミンAが多く風邪の予防や肌荒れに効果がある。和風や中華に向く。
もも:ももの部分の肉をいう。赤みがあり脂質も適度に含まれ、料理の応用範囲が広い。ビタミンB2の含有が高く、動脈硬化などの生活習慣病の予防に有効。フライや煮物、焼き物に向く。
ささ身:両手羽に一つずつある深胸筋をいう。形が笹の葉に似ていることからこの名がある。高たんぱくで脂肪が少なく、あっさりした味で、胃腸の弱っている時に向く。新鮮なものは刺身に向く。


footer

成分
たんぱく質が豊富、とくに必須アミノ酸のメチオニンが多く含まれている。ビタミンA、B1、B2のビタミン類が豊富で、ビタミンAは牛肉や豚肉よりも多く含有されている。脂質は不飽和脂肪酸が多く、皮の部分に多く含まれている。部位により成分も異なり、手羽部分にはコラーゲンが多く、胸部分はナイアシンが多く、もも部分には鉄分が多い。
footer
効能
良質なたんぱく質は消化がよく、とくに病後の体力回復に効果がある。メチオニンは肝脂肪の予防に働き、豊富なビタミンAが粘膜を丈夫にして細菌感染を予防し、がん予防効果も高い。不飽和脂肪酸がコレステロールを減らし、生活習慣病予防に有効に働く。コラーゲンが体や脳を老化から守り、ナイアシンが舌炎や口内炎を防ぐ。鉄分が貧血予防に有効に働く。
footer


header
  • 肉が水っぽく感じられた時は、塩をすりこんでしばらく置くとよい。冷蔵庫に入れておくと身がしまる。
  • 牛肉や豚肉よりも傷みやすいので、早めに食べるとよい。
  • 皮の部分はカロリーが高いので、取り除いて食べる方がよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ