戻る
食材 -  ひつじ(羊)
header
ひつじ(羊)の画像
説明
 生後1年未満の子羊肉をラム、1年以上経った成羊肉をマトンと呼び、欧米ではもっともポピュラーな動物で、中世ヨーロッパでは旅行に出る時には必ず1匹連れ歩き、毎日新鮮な乳を得たといいます。1万年以上の歴史を持ち、家畜化されたのは8千年前といわれています。捨てる部分が出ない無駄のない動物で、腸(ガット)は弦に使われることから、テニスの弦はガットと呼ばれています。

footer

成分
良質なたんぱく質を持ち、脂肪分が少ない。ビタミンB1、B2、Eを豊富に含有し、鉄分も多い。
footer
効能
良質で豊富なたんぱく質が体力を強化し、気力を充実させる。消化がよく滋養強壮に有効。ビタミンB1の働きと一緒になり、病中・病後の体力回復に効果が高い。脂肪分が少ないのでコレステロールの心配がなく、ビタミンB2が動脈硬化などの生活習慣病予防に働く。鉄分が増血作用に働き貧血や冷え性を予防する。胃腸を温める働きがあり、腹痛や下痢を緩和する働きがある。
footer


header
  • ニオイが気になる場合はラムの方がおススメ。
  • 香辛料や香味野菜を多く使って調理すると臭みが取れる。
  • 脂肪の融点が低いたため冷めるとすぐにかたまるので、熱い内に食べるとよい。冷めると特有のニオイも強くなる。
  • 牛乳やヨーグルトを使うと、肉の臭みが取れ、やわらかくなる。
  • ラム肉はうす紅色のもの、マトン肉は赤色のものがよい。脂肪部分は純白なものを選ぶとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ