戻る
食材 -  ヨーグルト
header
ヨーグルトの画像
説明
 ヨーグルトは牛、水牛、山羊などの乳でつくられる発酵乳です。古くからバルカン半島では重要な食物とされており、トルコ語の「ヨウルト(yogurt)=攪拌する」が名の由来です。19世紀末、ロシアのイリヤ・メチニコフ博士がヨーグルトを多食するブルガリアの特定地域に長寿者の多いことを発表したことから、その効能が世界中に広がりました。日本での普及は戦後です。

footer

成分
牛乳に匹敵する栄養価を持ち、カルシウムは牛乳よりも多く含まれている。乳酸菌(ブルガリア菌・アシドフィラス菌・サーモフィラス菌・ビフィズス菌など)を含有。ビタミンAやB2、カルシウムを豊富に含んでいる。
footer
効能
乳酸菌は腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きを持ち、腸の働きを高める。ビフィズス菌には整腸作用もあるので便秘や下痢の予防に有効で、がんを予防し老化防止にも働く。血中コレステロールを減らす働きもあり、ビタミンB2と一緒に生活習慣病の予防も期待できる。カルシウムはたんぱく質や乳酸と結びついて吸収されやすくなっており、骨粗鬆症の予防や精神安定に効果が高い。ビタミンAが皮膚や粘膜を強化し風邪を予防する。たんぱく質は乳酸菌によって消化吸収されやすくなっているため、乳幼児やお年寄り、病中の人に向いている。また、乳糖アレルギーで牛乳がダメな人でも、ヨーグルトが発酵している間に乳糖が分解されるので、お腹を壊しにくい利点がある。
footer


header
  • カレーに入れると味がまろやかになり、コクが出る。
  • ヨーグルトにはビタミンCが含まれていないので、フルーツなどをプラスして補うとよい。また、ドライフルーツなどで食物センイをプラスするとよい。
  • 糖分が気になる場合は無糖のものを選ぶとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ