戻る
食材 -  こんにゃく(蒟蒻)
header
こんにゃく(蒟蒻)の画像
説明
 昔から「お腹の砂払い」といわれ、腸をきれいにする食材として食卓に登場。サトイモ科の多年草で、原産はインドシナ半島といわれています。日本には奈良時代に仏教と一緒に中国から薬用として伝来し、その製法が伝えられました。現在、栽培や利用が活発なのは日本。収穫された時の形が象の足に似ていることから、英名では「ELEANT FOOT=象の足」と呼ばれています。

footer

成分
成分の97%は水分。多糖類のグルコマンナン(とくにコンニャクマンナンという)という水溶性の食物センイを含有。カリウム、カルシウム、鉄などのミネラル類を含む。
footer
効能
グルコマンナンは人間の消化酵素では消化されない食物センイで、腸の蠕動運動を活発にし、腸内の便をやわらかくして排泄を促すので、便秘の解消に効果がある。また、血液中や肝臓内のコレステロールの上昇を抑える働きもあるので、生活習慣病抑制にも有効。カリウムが利尿効果や血圧降下に働く。水分が97%でノンカロリーなのでダイエット食に向いている。
footer


header
  • 表面積が増える方が味の染み込みがよく、体内に入ってからの吸着作用も高まるので、庖丁で切るよりは手でちぎる方がよい。
  • アクを取るためさっとゆでるか、塩でもむとよい。※最近はアクを取ったこんにゃくが多くなっている。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ