戻る
食材 -  とうがらし(唐辛子)
header
とうがらし(唐辛子)の画像
説明
 ナス科の一年草(熱帯では多年草)。原産地は中央アメリカ、南アメリカおよび西インド諸島で、およそ9千年前に栽培され常食されていたといわれています。世界中に広めたのは新大陸を発見したコロンブス。日本には16世紀中期に伝来し、今では世界三大スパイス(ペパー・シナモン・クローブ)と肩を並べるスパイスです。辛み種は香辛料として、甘み種は果菜として利用されます。

footer

成分
カロテン、ビタミンCが豊富。ビタミンB1、B2を含有。辛み成分はカプサイシン。
footer
効能
カプサイシンは毛細血管の循環をよくする働きがあるので、全身の血の巡りがよくなり体が温まり、冷え性を予防する。胃液の分泌を高める働きがあるので、消化不良を防ぎ、胃潰瘍予防に有効に働く。また肥満予防にも効果がある。カロテンやビタミンCの抗酸化力が老化やがんを予防する。
footer


header
  • カロテンが豊富なので、油を使った料理が効果的。
  • にんにくなどのアリウム系の食材と一緒に調理すると、抗酸化力が増し、血の巡りが高まる。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ