戻る
食材 -  わさび(山葵)
header
わさび(山葵)の画像
説明
 アブラナ科の多年草で、日本特産の野菜として古い食用の歴史を持っています。『古今著聞集』には野生のわさびを取ったことが記されており、『和漢三才図会』にはそばの薬味として使ったと書かれています。静岡県の湧水地が栽培発祥の地といわれ、献上されたわさびを事の他気に入った徳川家康公は門外不出にしたと伝えられています。わさびの花も食用されます。

footer

成分
ビタミンCが豊富。たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムやリンなどのミミネラル類を含む。辛みはシニグリンという配糖体が酵素ミロシナーゼで分解されたアリルカラシ油。特有の香気はワサビオールという精油成分。
footer
効能
アリルカラシ油は強力な殺菌作用と抗カビ作用がある。コレラ菌や大腸菌などをおろしわさびに浸けておくと、約12時間で菌は死滅するといわれる。さばに多い寄生虫のアニサキスも殺菌する。ビタミンCが血管を丈夫にする。血液凝固を防ぎ血栓予防効果も期待できる。辛みと香気が唾液の分泌を促し消化吸収を促進し、食欲を増進させる。
footer


header
  • わさぴの辛みのシニグリンは、ミロシナーゼという酵素によって分解されてアリルカラシ油という辛み成分になる。このシニグリンとミロシナーゼは同じわさぴの中でも別々の紬胞に入っているので、細かくおろして混ぜ合わせると効果的。
  • シニグリンの量は中央や上端に多いので、上の部分からおろしていく。
  • 辛み成分は揮発性で分解が早いので、おろしたらすぐに使うとよい。
  • わさびは、しょうゆで溶くと辛さと香りが半減してしまうので、刺身の時は刺身に直接付けるとよい。
  • すって余ったものは時間がたつほど香りがなくなるので、保存には向かない。使い切る量だけするとよい
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ