戻る
食材 -  えごま油(荏胡麻油)
header
えごま油(荏胡麻油)の画像
説明
 えごまはシソ科の一年草で、山野に自生する青じそに似た葉を持つ植物で、その種子から取れる油がえごま油です。食用として古代から利用されていた油ですが、搾油が始まったのは9世紀ごろ。京都大山崎の社司が神の啓示を受けて「長木(ちょうぎ)」という搾油器を開発し、えごまを栽培して搾油したと伝えられています。食べると10年長生きするといわれ、別名「じゅうねん」と呼ばれています。

footer

成分
脂質の主成分は、不飽和脂肪酸のα―リノレン酸で、60%以上含有している。
footer
効能
α―リノレン酸は体内に吸収されるとEPAやDHAなどの脂肪酸に変わり、動脈硬化や心臓病を予防し、血液の流れをよくして血管を丈夫にする。また、脳の働きを活発にする。
生活習慣病を予防する。
footer


header
  • 熱に弱く、酸化しやすいので、料理の仕上げに使うと効果的。マリネやドレッシングに使うとよい。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ