戻る
食材 -  サフラワー油(紅花油)
header
サフラワー油(紅花油)の画像
説明
 キク科に属するベニバナの種子から採油した油で、主産地はアメリカ。紅花の原産地はエチオピアで、世界各地で色素を取るために栽培されていましたが、近年アメリカで採油用に改良されました。日本にはシルクロードを経て6世紀ごろに伝来し、紅花産地の山形では15世紀半ばから栽培が始まったといわれています。末摘花(すえつむはな)とも呼ばれ、乾燥した花は染料や口紅の材料に使われています。

footer

成分
脂質の主成分は、不飽和脂肪酸のリノール酸を約80%含有している。ビタミンEを豊富に含み、ビタミンKも含まれている。
footer
効能
リノール酸が血中コレステロールを減らし、豊富なビタミンEが不飽和脂肪酸の酸化を防ぐので、動脈硬化の予防に効果がある。ビタミンEが血行をよくして冷え性を予防し、老化防止にも働く。ビタミンKは止血作用がある。
footer


header
  • 陽の光や熱によって酸化しやすいので、保存に注意する。
  • カロテンの多い食材と一緒に取ると、吸収率がアップし、抗酸化力が高まる。
  • カルシウムの多い食材と一緒に取ると、骨を丈夫にする働きが強まる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ