戻る
食材 -  だいず油(大豆油)
header
だいず油(大豆油)の画像
説明
 大豆の種子から採油した油です。採油した時点では臭いがあるため、食用には精製されサラダ油やマーガリン、ショートニングに加工され、工業用にはペンキや印刷インキ、石けんなどをつくる時に使われます。主産地はアメリカ、ブラジル、中国など。日本では1918年、清水港から初めて大豆油を輸出したという記録が残っています。採油後の脱脂大豆は家畜の貴重なたんぱく原料となります。

footer

成分
脂質の主成分は、リノール酸、オレイン酸、パルミチル酸、リノレン酸、ステアリン酸。ビタミンE、Kを含有。とくにビタミンKを多く含んでいる。大豆レシチンが含まれている。
footer
効能
不飽和脂肪酸のリノール酸やリノレン酸が血中コレステロールを減らし、また大豆レシチンも同様の働きがあるため、動脈硬化や心臓病の予防に効果がある。ビタミンEは不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、抗酸化力が老化を予防する。ビタミンKは止血作用が高く、骨を丈夫に維持する働きがある。
footer


header
  • 加熱すると酸化しやすいので、ドレッシングなどに使うとよい。
  • カルシウムの多い食材と一緒に取ると、骨を丈夫にする働きが強まる。
  • カロテンの多い食材と一緒に取ると、吸収率がアップし、抗酸化力が高まる。
footer


05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く