戻る
食材 -  バター
header
バターの画像
説明
 牛乳やクリームからつくられる乳製品のひとつで、文献に登場するのは紀元前15世紀ごろのインドの経典。当時は髪や体に塗る潤滑油として扱われ、食用とされるようになったのは6世紀、フランス貴族の間で広まったといわれています。日本には4~6世紀ごろ、中国から「酪」という形で伝来し、江戸時代中期にバターの試作が実施されたと文献に残っています。「醍醐味(だいごみ)」という言葉は乳製品が由来といわれています。
●バターの種類
発酵バター:乳酸菌を用いてクリームを発酵させてつくる。ヨーグルトのような酸味があり、芳香も高い。ヨーロッパで製造されている
非発酵バター:発酵させないでつくる。ミルクの香りとほのかな甘みがある。日本やアメリカ、オーストラリアで製造されている
加塩バター:食塩を1~2%添加したバター
無塩バター:食塩を添加していないバター


footer

成分
脂質が80%以上で糖質はほとんど含まない。ビタミンA、E、K、Dなどのビタミン類を含み、とくにビタミンAの含有が高い。
footer
効能
バターの乳脂肪は消化力に優れ、豊富なビタミンAが皮膚や粘膜を丈夫にして健康な肌をつくる。ビタミンEの抗酸化力が老化を予防し、ビタミンKとDがカルシウム吸収を高め、骨粗鬆症の予防に働く。
footer


header
  • ビタミンCを含有した食材と一緒に取ると、風邪の予防や美肌効果が高まる。
  • 少量でも栄養とカロリーが取れるので、体力の落ちた時やお年寄りにおススメ。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ