戻る
食材 -  うずら卵(鶉卵)
header
うずら卵(鶉卵)の画像
説明
 うずらは尾の短い丸い体型をしたキジの仲間で、最も長距離を渡る鳥といわれています。卵は殻が薄く褐色の斑点があり、小型にもかかわらず栄養価に優れています。古くから世界各地に生息しており、中国漢方薬の古書『本草網目』でその効能が評価されています。江戸時代には豪快な鳴き声を楽しむために飼育され、採用卵として飼育されたのは明治中期といわれています。

footer

成分
良質なたんぱく質や脂質を含む。鉄分やビタミンA、E、B1、B2、B12などのビタミン類やカルシウム、リン、鉄分などのミネラル類を含有している。
footer
効能
良質なたんぱく質はアミノ酸スコア100%で、体力を強化し免疫力を高める。ビタミンAが暗視野能力を高め、B1やB2の働きと一緒に眼精疲労を取り除き、視力向上に働く。鉄分が貧血を予防し、ビタミンB12が悪性貧血予防に有効に働く。ビタミンEが老化を予防する。
footer


header
  • 2~3日経ったものの方が、殻がむきやすい。
  • 生食の時は賞味期限内のものにする。また、殻にヒビが入っているものは、生で食べないようにする。
  • 食べる直前に割ること。割ったままにしておくと細菌が増殖しやすくなるので注意する。
  • 保存時の注意 ● 「卵は丸い部分を上にして保存する」卵の丸い側には気室(空気が入っている場所)があり、この気室を上にすると卵黄を安定した状態で保て、鮮度を維持することができる。 ● 「傍に臭いの強い物を置かない」卵殻には気孔と呼ばれる穴が無数に開いている。この穴から内部の水分や炭酸ガスを発散し、同時に外の臭いを吸収している。強い臭いを吸収すると卵に臭いがついてしまうので要注意。 ・ カルシウムの多い食材と一緒に取ると、ビタミンKの働きで効率よく吸収され、骨の強化になる。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ