戻る
食材 -  こうちゃ(紅茶)
header
こうちゃ(紅茶)の画像
説明
 緑茶を完全に発酵させてつくる茶で、抽出液の色から紅茶と呼ばれていますが、外観は黒褐色。そのため英語ではブラックティーと呼ばれています。中国で発達した緑茶がヨーロッパに渡り、運ばれる長い航海の途中で偶然に発酵したことが、紅茶の発見だといわれています。緑茶に比べて歴史の浅い紅茶ですが、今や全世界の3/4を紅茶が消費しています。

footer

成分
20種のアミノ酸、有機酸を含む。カフェイン、タンニンを豊富に含み、フッ素や香り成分を含有する。
footer
効能
カフェインにはリラックス効果があり、利尿作用や疲労回復の働きがある。紅茶のカフェインはタンニンと結合し、そのままの状態で体内に取り込まれるため作用はおだやかである。タンニンの抗酸化力が細胞の酸化を防ぎ、がん予防や血栓予防に有効。フッ素には虫歯を予防する働きがある。吸臭作用があるので口臭を予防する。香りにはリラックス効果がある。
footer


header
  • 紅茶は沸騰した湯を使い、ふたをして3~6分蒸らすとよい。紅茶の香りや味は100℃以上の熱湯で抽出される。
  • 虫歯や風邪を予防する時は、砂糖やミルクを入れないで飲むとよい。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ